中央区の人気和菓子店(43軒)

中央区の人気和菓子店を掲載しています。
※探訪記は記事へのリンクを、その他はgoogle-mapへのリンクを張ってあります。
その他のエリアのお店はこちらからどうぞ。

○人気の和菓子屋さん訪問記


○中央区の人気店・評判のお店
 Google口コミ数により3ランク(S~B)に区分し、歴史の長い順に掲載しています。

口コミ数ランキング「S」google口コミ数が300件以上の人気和菓子店を創業年順に掲載。
5軒のお店を創業年順に掲載
清寿軒(人形町・小伝馬町)
創業:1861年 口コミ数ランク:S
東京屈指のどら焼きの人気店。ハチミツたっぷりで、焼きあげた皮と餠のバランスが絶妙。
空也(銀座)
創業:1884年 口コミ数ランク:S
手土産として絶大な人気と支持を得ている空也もなかは、全て自家製で銀座の店で製造。
日本橋文明堂(日本橋)
創業:1922年 口コミ数ランク:S
「カステラ1番、電話は2番」のCMでカステラを全国に広た。ハニーカステラは登録商標。
うさぎや日本橋本店(日本橋)
*訪問記あり
創業:1948年 口コミ数ランク:S
3店舗あるどら焼きの有名店「うさぎや」の一つで、創業者の三男が日本橋に出したお店。
HIGASHIYA GINZA(銀座一丁目)
創業:2009年 口コミ数ランク:S
デザイナーの緒方慎一郎氏がプロデュース。銀座で和のアフタヌーンティーを楽しめる。

口コミ数ランキング「A」google口コミ数が20~299件の和菓子店を創業年順に掲載。
32軒のお店を創業年順に掲載
塩瀬総本家(新富町・築地)
創業:1349年 口コミ数ランク:A
足利義政より日本第一番饅頭所の看板を贈られた老舗中の老舗。看板商品は「塩瀬饅頭」。
江戸風御菓子司 日本橋長門(日本橋)
創業:1716年 口コミ数ランク:A
江戸幕府へ菓子司として仕え、松岡長門大掾藤原信吉称号を授かる。特に久寿もちが有名。
鶴屋吉信(三越前)
創業:1803年 口コミ数ランク:A
1803年に京都にて創業し、昭和35年に東京支店を開設。現在は全国の有名百貨店に出店。
銀座松崎煎餅(銀座)
創業:1804年 口コミ数ランク:A
芝魚藍坂にて創業し、慶応元年(1865年)に現在の銀座に店を移転。瓦煎餅が代表銘菓。
榮太樓總本舗(日本橋)
創業:1857年 口コミ数ランク:A
初代の栄太郎が作る金鍔が美味しいと評判となり人気店に。選んで間違いのないお店。
萬年堂本店(銀座)
創業:1872年 口コミ数ランク:A
元和年間に京都三条にて創業し、東京遷都と共に東京へ移転。銘菓「御目出糖」が人気。
三原堂本店(水天宮・人形町)
創業:1877年 口コミ数ランク:A
創業以来水天宮の門前で営業。水天宮の御守りである梵字の入った「御守最中」が有名。
銀座凬月堂(銀座)
創業:1877年 口コミ数ランク:A
寛げる和の空間を提供。銀ブラする人を窓越しに眺めながら玉露茶で和菓子を味わえる。
つくし(水天宮・人形町)
創業:1877年 口コミ数ランク:A
「人形町風鈴あんみつ」は岸朝子さんが「東京 五つ星の手みやげ」という本で紹介した逸品。
和菓子心 日本橋日月堂(小伝馬町)
創業:1877年 口コミ数ランク:A
独自の発想で生み出す和菓子を求めて、国内外から多くの観光客が訪れる老舗和菓子店。
京菓子司壽堂(水天宮前・人形町)
創業:1884年 口コミ数ランク:A
ニッキを塗した「黄金芋」が名物。岸朝子さんが東京5つ星の手土産で取上げた店の一つ。
菊廼舎本店(銀座)
創業:1890年 口コミ数ランク:A
生菓子やまんじゅうは当日店舗で製造。登録商標「冨貴寄(ふきよせ)」が看板商品。
板倉屋(人形町・水天宮)
創業:1907年 口コミ数ランク:A
創業以来、手焼きに拘る人形焼き専門店。添加物を一切使用せず、幅広い人気を博す。
清月堂本店(東銀座)
創業:1907年 口コミ数ランク:A
代表銘菓「おとし文」は極上の黄身餡を小豆のこし餡でふんわり包んだ、こだわりの逸品。
八丁堀伊勢屋(八丁堀)
創業:1907年 口コミ数ランク:A
八丁堀の隠れた名店。豆大福が人気で、各種メディアやSNSでも度々取り上げられている。
ときわ木(日本橋)
創業:1910年 口コミ数ランク:A
上生菓子が美味しいと評判。オリジナル和菓子「若紫」(要予約)は、食通をも唸らせる逸品。
東海(人形町)
創業:1912年 口コミ数ランク:A
ワッフルが有名な和菓子店で、黄身しぐれや羽二重餅も人気。地元で絶大な人気を誇る。
縫月堂(人形町)
創業:1913年 口コミ数ランク:A
知名度は高くないが購入者から高い評価を得ているお店。代表銘菓は一粒栗まんじゅう。
木挽町よしや(東銀座)
創業:1922年 口コミ数ランク:A
歌舞伎座路地裏に佇む100年の歴史がある和菓子店。どら焼きの他、創作和菓子が美味。
しげ田(八丁堀)
創業:昭和初期 口コミ数ランク:A
おすすめは栗まんじゅう。もちもちとした食感のどら焼きも美味しいと評判。赤飯も販売。
翠江堂(八丁堀)
創業:1943年 口コミ数ランク:A
芸能人の差し入れ等にもよく使われる苺大福の名店。保存料や添加物は一切使用せず。
宗家源吉兆庵銀座本店(銀座)
創業:1946年 口コミ数ランク:A
岡山県発祥の和菓子製造・販売を行う企業グループの総称。銀座本店は2001年オープン。
茂ち月(浜町)
創業:1947年 口コミ数ランク:A
店舗かどうか分からない佇まいだが、どら焼きが美味しいことで知られる隠れた名店。
銀座あけぼの銀座本店(銀座)
創業:1948年 口コミ数ランク:A
定番商品の他、期間限定「いちご大福」が人気。北海道から九州まで店舗を構えている。
銀座鈴屋 銀座本店(新橋)
創業:1951年 口コミ数ランク:A
代表銘菓「栗甘納豆」は見た目も美しく、贈答用としてお薦め。首都圏に20店舗を展開。
玉英堂 彦九郎(人形町)
創業:1954年 口コミ数ランク:A
1576年京都で創業。現在は人形町が本店で店舗はここのみ。名物は「虎家喜(とらやき)」。
日本橋屋長兵衛(三越前)
創業:2003年 口コミ数ランク:A
宗家源吉兆庵が新たに作ったブランド。ひと口サイズのたい焼き「天下鯛へい」が名物。
銀座甘楽銀座コリドー街本店(日比谷)
創業:2007年 口コミ数ランク:A
看板商品の豆大福をはじめ、定番和菓子を販売。場所柄、外国人の観光客も多く来店。
築地さのきや(築地)
創業:2009年 口コミ数ランク:A
築地場外市場で、たい焼きならぬ「マグロ焼き」を販売している。イートインスペース有。
銀座緑寿庵清水(有楽町)
創業:2017年 口コミ数ランク:A
京都にある創業170周年を迎えた日本唯一の金平糖専門店が銀座に出した初の直営店。
くろぎ茶々(銀座)
創業:2017年 口コミ数ランク:A
京都の老舗茶舗「福寿園」と日本料理「くろぎ」がコラボしたお店で、和菓子や菓子を提供。
銀座青果堂(銀座)
創業:2021年 口コミ数ランク:A
お薦めは「フルーツどら焼き」。職人の技術で旬のフルーツを使ったスイーツを展開。



口コミ数ランキング「C」google口コミ数が~19件の和菓子店を創業年順に掲載。
6軒のお店を創業年順に掲載
梅花亭本店(茅場町)
創業:1850年 口コミ数ランク:B
どら焼きの原型を生んだ店として知られる。復活を望む声に応え平成10年に再販を決行。
ニ葉家(月島)
創業:1868年 口コミ数ランク:B
明治元年の創業以来手作り和菓子の伝統を守り続ける老舗。ぽっくり栗むし羊羹が名物。
入船青柳(八丁堀)
創業:1891年 口コミ数ランク:B
看板商品は「大納言入り菊最中」。森永製菓の菓子を最初に売った店としても知られる。
古埜木堂(月島)
創業:1924年 口コミ数ランク:B
四代目の現店主が考案した「あんず巻」は、もんじゃのあんこ巻をもとに製作した逸品。
三廼舎(人形町)
創業:1939年 口コミ数ランク:B
焼き菓子の品揃えが豊富で、菓子は全て手作り。注文後に詰めてくれる最中もお薦め。
茅場町伊勢屋(茅場町)
創業:1948年 口コミ数ランク:B
八丁堀伊勢屋とは親戚筋。売れ筋は豆大福、重みのある栗どらで、いちご草餅もお薦め。


<中央区の和菓子店マップ>
※店名をクリックすると、拡大地図や口コミを見ることが出来ます。
※全てのお店が表示されている訳ではありません。より詳細な情報を探す場合は、左上の拡大地図をクリックし、「現在地 和菓子店」「●●駅 和菓子店」等で検索をしてみて下さい。

スポンサードリンク
シェアする
東京の人気和菓子店ガイド