「とんかつ」の美味しいお店

とんかつ
English中文한국어

このページでは、管理人の私が”凄く美味しい”と感じた東京都内の「とんかつ屋さん」をご紹介しています。

スポンサードリンク

東京のとんかつの美味しいお店(9軒)

ぽん多本家(台東区)
上野広小路、御徒町、湯島/とんかつ・洋食

色々なお店を食べ歩いて「やはり原点はここ」と思い起こさせてくれる老舗のとんかつ屋さんです。
(昼)¥4,000~¥4,999(夜)¥5,000~5,999
とんかつ七井戸(渋谷区)
外苑前、表参道、明治神宮前/とんかつ

2018年に創業し、あっという間にミシュランガイド「ビブグルマン」に掲載されました。
(昼)¥1,000~¥1,999
とん(中央区)
銀座、有楽町/とんかつ・かつ丼

かつ丼の重さを感じさせず、最後まで一口目と同じ感覚で食べ切ることが出来る稀有な逸品です。
(昼)¥1,000~¥1,999(夜)¥1,000~¥1,999
とんかつ 銀座梅林(中央区)
銀座/とんかつ・かつ丼

とん喜と並ぶ銀座の名店。豚肉と半熟卵が口の中で混ざり合い、何とも言えない美味しさです。
(昼)¥2,000~¥2,999(夜)¥2,000~¥2,999
Katsuプリポー(新宿区)
新宿/とんかつ・かつ丼

「これ程のヒレは今までに食べたことが無い!」と言うレベルの美味しいヒレカツでした。
(昼)¥3,000~¥3,999(夜)¥6,000~¥7,999
まるやま食堂(大田区)
京急蒲田/とんかつ

蒲田とんかつ御三家の一つ。クオリティ、コスパ、ボリュームの全てを兼ね備えたお店です。
(昼)¥1,000~¥1,999(夜)¥1,000~¥1,999
とんかつ檍 蒲田本店(大田区)
蒲田、京急蒲田/とんかつ・かつ丼

蒲田とんかつ御三家の一つ。油の切れが良く、お肉はジューシーで美味。コスパも良いお店です。
(昼)¥1,000~¥1,999(夜)¥2,000~¥2,999
丸一(大田区)
京急蒲田、蒲田/とんかつ・かつ丼

蒲田とんかつ御三家の一つ。味・ボリューム・コスパの全てにおいて文句のつけようがありません。
(昼)¥1,000~¥1,999(夜)¥2,000~¥2,999
成蔵(杉並区)
南阿佐ヶ谷、阿佐ヶ谷/とんかつ
今でも忘れることができない衝撃の白いとんかつ。これまでのとんかつの概念が覆りました。
(昼)¥5,000~¥5,999(夜)¥5,000~¥5,999

とんかつの起源、発祥のお店について

とんかつのルーツは、明治時代に日本で流行した洋食の「カツレツ」です。
「カツレツ」は、英語のcutlet(カットレット)がなまったもので、英語のcutlet(カットレット)はもともと羊や牛の骨付き肉を指す言葉でしたが、そこから羊や牛の肉に衣をつけてバターで焼いた料理のことを指すようになりました。
「カツレツ」は1895年創業の老舗洋食店「煉瓦亭」木田元次郎氏が生み出した料理と言われており、とんかつについても煉瓦亭が発祥とする説があります。
一方、もう一つ「こここそが元祖」と言われているのが、上野御徒町の「ポンチ軒」で、ポンチ軒の料理人であった島田信二郎という料理人が生みの親とする説です。
島田氏は宮内庁で西洋料理を担当していた経歴を持つ人物で、薄い肉に衣をつけて炒め焼きをする「ポークカツレツ」から分厚い肉を天ぷらのように揚げる「とんかつ」に進化させたと言われています。
島田氏は1905年に「ぽん多本家」を創業した人物でもあり、その味は現在も受け継がれています。
「ポンチ軒」は同名のお店が神田小川町に存在していますが、こちらは2012年にオープンしたお店で、とんかつ発祥の「ポンチ軒」とは無関係のお店です。

現在は蒲田御三家や南阿佐ヶ谷の成蔵、秋葉原の丸五など、有名なとんかつ屋さんは各地にありますが、かつては上野にとんかつの名店が数多くありました。
私が若い頃は、「ぽん多本家」「双葉」「蓬莱屋」の上野御三家が特に有名で、私は全てのお店に伺うことが出来ましたが、そのうちの双葉は2012年頃に廃業してしまいました。
お店に伺ってもお休みのことがよくあったのですが、聞けば「良い肉が入らない日は店を開けない」と言うポリシーのお店だったようです。
職人気質にあふれた凄いお店でした。もう一度あのとんかつを味わってみたいと思いますが、叶わぬ願いとなってしまいました。

管理人が1軒お店を選ぶなら

知り合いからたまに「どこのとんかつが一番美味しいですか?」と聞かれるのですが、なかなか答えにくい質問だったりします。
食事の好みは人それぞれで、自分にとっては一番美味しいお店であっても、他の人にとってはそうでもなかったりすることがよくあるからです(そうした意味で点数などでのランキング付けや評価は行っておりません)。
そんな訳で私は「どこのお店が一番おいしいか?」という質問に対しては「自分の好みに合っているのはこのお店です」と答えるようにしています。
とんかつで言えばそのお店は、上野にある「ぽん多本家」さんになります。
「ぽん多本家」さんは、他のお店では絶対に超えることのできない歴史や伝統、そしてとんかつの老舗として背負っているプレッシャーや気概を感じることの出来る唯一のお店だからです。

ぽん多本家:東京都台東区上野3-23-3

トップへ戻る当サイトについて