吉野鮨本店/日本橋「トロ握り発祥のお店として知られる名店」

寿司
English中文한국어
吉野鮨本店(中央区区)
日本橋/寿司

(昼)¥2,000~¥2,999(夜)¥10,000~¥14,999
https://yoshinozushi.net/

寿司ネタの人気ランキングで、常に上位となるのがマグロです。
中でも最も値段が高く、寿司ネタの中でも特に高級なネタとして扱われているのがトロです。
今回は、マグロのトロを寿司ネタとして初めて提供した「吉野鮨本店」をレポート致します。
営業時間や定休日、口コミ等は、公式サイト、下段のグーグルマップでご確認下さい。

スポンサードリンク

江戸前寿司の基本を忠実に守る日本橋の老舗

「吉野鮨本店」は、創業明治12年(1879年)の老舗かつ超有名店です。
江戸三鮨と称される寿司屋の1つ「与兵衛寿司」の流れを汲んでおり、今の東京では珍しい「合わせ酢に砂糖は入れないこと」を守り抜いているお店です。

トロ握り発祥の店

その昔、マグロのトロは見向きもされず廃棄されたと言われています。
そのトロの旨さに注目し、提供し始めたのが「吉野鮨本店」で、日本人が愛してやまない「トロ握り発祥」のお店として知られています。
マグロの「トロ」という名前は、二代目と客との「口の中でとろける」「口に入れるとトロッとする」という会話から生まれたもので、今ではすっかり一般的になっています。

老舗の有名店ですが庶民的なお店です

私が初めて「吉野鮨本店」に訪れたのは、2012年です。
老舗の有名店と言うことで、ちょっと緊張して暖簾をくぐりましたが、気取らずに入れる大変庶民的なお店でした(下記のメニューは2012年12月現在)。


私は「にぎりずし」(2,100円)を頼みましたが、一口食べて良いお店だと分かりました。
まずシャリがとても美味しいです。
ネタにはきっちりとした仕事が施されており、それに煮切りが塗ってあります。
醤油はお好みで少しつける程度で良いと思います。
また、薄く焼かれた自家製の焼き卵もおすすめです。


この場所、この内容で2,100円(2012年当時)とリーズナブルで、とても素晴らしいお店でした。

マグロ好きの方には是非訪れて欲しいお店です

「吉野鮨本店」では、たこ、いか、穴子、こはだ、シャコ等のいわゆる「江戸前の魚」の他、時期、産地を見定めてより良い素材を仕入れています。
五代目の吉野正敏さんは「本当は江戸前の魚が好きなんだけれど、時期によっては他の産地のほうが良い時もある。そういう時は、より良い魚のほうを仕入れてます」と語っています。
また、シャリは赤酢と塩のみで作っており、甘味は一切加えていません。これは創業以来変わらない伝統の作り方とのこと。
「吉野鮨本店」は、新しい技と昔ながらの技法を織り交ぜながら、日本橋で営業を続けています。
特に「マグロのトロが好き」という方には、是非一度足を運んで欲しいお店です。

アクセス、口コミ

「吉野鮨本店」へのアクセス、営業時間、定休日、口コミ等は、下記のグーグルマップ(拡大地図を表示)からご確認いただけます。

寿司TOPページへindexページへ
寿司
スポンサードリンク
シェアする
東京グルメ「リーマンズ・ランチ」